オンラインマニュアル

インストール

Tiles_0.0_Installer.exe (0.0はバージョン番号)を実行します。画面の指示に従い、インストールを進めてください。

すでにTilesがインストールされている場合はTILESを一旦終了させて、同じ方法でインストールしてください。

アンインストール

設定のアプリ(Windows10)、コントロールパネルのプログラムと機能からTILESを選択してアンインストールしてください。

Tilesの設定で指定されているデータ保存先フォルダーは削除されません。手動で削除してください。

初回起動

TILESを初めて起動すると、データを保存するフォルダーを指定するウィンドウが表示されます。このフォルダーにはTILESの画面設定や取得したフィードなどが保存されます。

TILESの常駐

TILESはタスクトレイに常駐するため、メインのウィンドウはありません。タスクトレイ上のアイコンをダブルクリックするとWebブラウザーが起動し、TILESの画面が表示されます。

タスクトレイメニュー

タスクトレイのTILESアイコン上で右クリックするとメニューが表示されます。

終了

タスクトレイメニューの「終了」を選択するとTILESが終了します。

設定

タスクトレイメニューの「設定」を選択するとTILESの設定が表示されます。この設定はTILESのWebを提供しているサーバー機能の設定のものです。

Webサーバーポート番号 TILESのWebサーバーで利用するポート番号を指定します。
 他のPCやタブレットから接続する TILESのWeb機能を起動しているPC以外からも利用できるようにします。
他のPCからアクセスするURLは、お使いのPCのIPアドレスとWebサーバーポート番号を組み合わせたもので、通常「http://192.168.X.X:5000/」(Xは可変)といったものになります。
ルーターを利用していないネットワークや公衆無線LAN環境下での有効化には十分注意を払ってください。
 認証が必要 TILESのWebへアクセスする際に認証を行うかどうか指定します。チェックをした場合は、合わせてユーザー名、パスワードを指定します。
一度登録した後、ユーザー名、パスワードを変更する場合は内容をクリアする必要があります。
 データ保存先フォルダーの変更 TILESのデータ保存先を変更します。保存先に有効なデータが存在しない場合は、新規に作成されます。データ自体は自動でコピーされません。
 Windowsへログインしたら自動で開始  Windowsへログインした際にTILESを自動で実行するようにします。

タイルモード

1 タイルモード、リストモードを切り替えます。
2 全体操作を行うためのメニューです。
3 タブ一覧。クリックで切り替え、ドラッグで並べ替えることができます。
4 現在選択中のタブの設定画面を表示します。
5 タイル本体。タイトル欄と記事欄で構成されています。ドラッグで他のタイルと並べ替えたり、他のタブへ移動させたりすることができます。
記事をクリックすると、リンク先のページが開きます。
6 タイルの操作欄です。リスト表示への切り替え、設定画面の表示ができます。
  • タイルは定期的に最新の内容に更新されます

リストモード

1 タブの折りたたみ操作メニューを表示します。
2 共通グループ

  • すべて : 取得したすべての記事を対象にリストを表示します。
  • スター:スターを設定した記事を対象にリストを表示します。
  • 読んだ:実際にリンク先を開いた記事を対象にリストを表示します。
3 タブ。タブ内の後方に一覧表示されます。タブを選択すると、そのタブ内の全タイルの記事をリストに表示します。左側の▼でタブ内のタイル一覧を開閉することができます。
4 タイル。タイルを選択すると、そのタイル内の記事をリストに表示します。
5 表示中のリストの絞り込みを指定できます。
バージョン0.4では期間は「全期間」しか選択できません。
6 表示中のタブ、またはタイルの設定画面を表示します。
7 記事のリスト。

  • 記事をクリックするとリンク先が開きます。
  • タイル名をクリックすると、そのタイルのリストに切り替わります。
  • リストを末尾までスクロールしたとき、自動的に続きの記事リストが読み込まれます。

新しいタブ・タブの設定

  • タブの登録、登録内容の変更を行うことができます。
  • タイル表示時に縦に3列または4列のどちらで表示するか指定できます。
  • 4列→3列へ変更した場合、4列目のタイルはすべて3列目に寄せられます。

新しいタイル・タイルの設定

  • タイルの登録、登録内容の変更を行うことができます
  • タイトルを空にして登録した場合は、フィード取得時に自動で更新されます(タイトルがある場合)

スター

タイルモード、リストモードの各記事の左側についている☆をクリックすると、スター付きとして記事をマークすることができます。もう一度クリックするとスターが外れます。

スターを付けた記事はリストモードの共通グループ「スター」でリスト表示することができます。

共通設定

TILES画面の共通設定を行います。各設定内容は、タイル・リストの両モードに反映されます。

 

OPMLインポート

画面右上にある「ツール」メニューから「OPMLインポート」を選択すると、OPMLインポート画面が開きます。

  • OPML形式のファイルからフィード登録を取り込むことができます。
  • OPML形式ファイルを選択して、「インポート」ボタンをクリックすると取り込みが行われます。
  • 取り込みから除外する場合はチェックを外してください。
  • タブは最大で20個、1つのタブ内のタイルは最大で20個まで登録することができます。
  • コチラ にお試し用にOPML形式のファイルサンプルを用意しています。

ブックマークレット

ブックマークレットを利用してタイルを追加することができます(Wikipediaの「ブックマークレット」の記事)。
画面右上にある「ツール」メニューから「ブックマークレット」を選択すると、ブックマークレットのリンク取得画面が開きます。

青くなっている「TILESへ追加」をお使いのブラウザのブックマーク欄やブックマークツールバーへそのままドラッグすることで、ブックマークに登録することができます。

ブックマークレットの利用方法

フィードを購読したいサイトを開いた状態で、ブックマークに登録した「TILESに追加」を直接開いてください。フィードURLを検出できた場合、TILESのタイル追加画面に遷移します。検出できなかった場合には何も起こらないので注意してください。

各項目を設定し、「登録」を選択するとタイルが登録されます。

新しいバージョンのリリース

TILESの最新バージョンが公開されると、TILESのツールメニュー上に通知が表示されます。メニューを選択すると、最新バージョンの情報が表示されます。